--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-06-28

ビキニカウル完成~♪

こちら、ライディングハウス製の旧ビキニカウルだ



転倒して、木っ端微塵とかしたFRPを修理することもなく
中古のカーボン製を購入~
色々塗り分け等考えたが、中古の状態が悪すぎて
カーボン地を残して塗装ができない...


20070628122919.jpg



で、底だけカーボンを残し、すべて下地を黒から塗り
それから赤の必殺パターンだ

なんか、懐かしいな~
スポンサーサイト

2007-05-20

ガンコート

これは パウダーコーティング・カトー さんとこで
塗りたてほやほやだった、2年前の写真

20070520100733.jpg


当時、ドゥカティマガジンの取材に間に合わすべく
OHしたての状態

ガンコートといえば「ヨシムラ」のエンジンに施される
塗装である。あちらはグレーであるが、わたしのマシンには
黒をチョイス。

むか~しむかし乗ってたGSX1100S、所謂「刀」時代にも
黒塗装を塗り替える時も、艶の配合を換えて、また黒に
したのだった。当時の刀写真が残っていないが、実は
2台同時所有していたのだった...アホ

ガンコートに話を戻すと、何故にこの塗装を選んだかと
言うと...



「塗装自体が放熱する!」


ガンコートと言われる所以は、もちろん「GUN」

鉄砲に塗られる塗装。非常に丈夫で、塗装から5000km以上
走ってきたが、いっこうに剥げる様子も無い。エンジンには
もってこいの塗装なのだ!

残念ながら、OHを腰上しか行わなかったので
クランクケースは、シルバーのまま...(T-T)

ケース塗る時は、パウダーコートにするかな?

なぜかって?


「飛び石を弾く!」

ブラストのメディアまで弾いてしまうがw


にほんブログ村 バイクブログへ←クリックしてね!

2007-05-11

ね!赤でしょ?

なぜに、一旦黒塗装を施すのか??

20070511133337.jpg



フェンダーは、ドライカーボンで、シートカウルはFRP
タンクは鉄と、すべて材質が違います。

材質が違う上で赤を塗ってしまうとどうなるか?


「それぞれ、違う

赤色塗ったの?」



と、みんな言うくらい変わります。
例え同じ赤を塗ったとしてもです。

それら材質の違いを隠す、所謂 「素地の隠蔽」

に、他ならない。隠蔽力がもっとも強い黒を下地に
する事で、赤を統一させるのが目的なんです。

ちなみに、DUCATIの文字は、バナNSF乗りの

バナちゃん お手製~♪


それと、もう一つ黒を下地にしたかった理由がある

それは、赤の奥行きというか、深みを増す為

この赤は、特殊な赤ではなく、とある外車(四輪)に
塗装されてる赤を使ってる。とはいえ、その塗料を
仕入れて使うと高いので、日本ペイントの塗料から
作ってもらったのだ。


にほんブログ村 バイクブログへ←クリックしてね!

2007-05-10

フェンダー

DUCATIと言えば 「赤!」


20070510214152.jpg



少々写真が、しょぼいですが...

さて?どちらが純正フェンダーでしょね?

答えは?


「どっちも!」

実は、左のは純正フェンダーと言っても、過去に改造したもの

足の部分に、オーバーレイにてカーボンクロスを
貼り付けているのです。

右のは、純正でも「ドライカーボン」のフェンダーです



しかし...

純正のドライカーボンって言ったら、強度こそ有るが
お世辞にも綺麗ではない(T-T)



むしろ  「ばっちい」


泥除け部分のみ、塗装してはいるが、実際には
下処理が大変!
サフェーサーだけでは、埋まらない、うねうねとした...


「樹脂抜け」


が、多発!
パテ埋めしまくりで、やっとつるんとした表面に
なったのでした

こちらも、外装すべて車の板金屋というか四輪の
整備工場に御願いした


凄まじく 「安い!」




全塗装で4まんですよ~奥さん~♪

2007-05-09

赤が好きです...

DUCATIといえば、


「赤色以外に

何が有るっちゅうねん!」




387896097_81.jpg



「赤やっちゅうねん!」
プロフィール

じょう

Author:じょう
道楽親父の趣味ブログです♪

カテゴリー
リンク
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
フリーエリア
潮見表
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。